メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛省概算要求

無人偵察機3機、取得手続き継続

無人偵察機「グローバルホーク」=黒川将光撮影

 防衛省は、取得費が見積価格を上回る見通しとなったため、一時導入中止を検討していた無人偵察機「グローバルホーク」3機について、「北朝鮮などの監視に不可欠」として取得手続きを継続する方針を決めた。2018年度予算の概算要求に関連経費(4年間で144億円)を計上した。

 グローバルホークは、航空自衛隊が2021年度以降に、三沢基地(青森県)に配備する計画で、15年度から予算計上されていた。

 取得経費は当初、3機と遠隔操作の地上装置で計約510億円と見積もられていたが、今年4月に米政府から「レーダー部品の製造が終了し、代替品開発に追加費用がかかる」と連絡があり、約120億円増加することが判明。見積もりが当初比で15%以上の場合に「計画の見直し」、25%以上の場合は「継続の必要性の検討」を行うとの規定に沿って、導入の是非が議論された。運用期間(20年間)に維持費など2500億円以上が必…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 光秀の先祖? 「明智」姓が記された鎌倉時代の古文書発見 岐阜・多治見

  4. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  5. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです