メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン歴代監督インタビュー

第5回 王貞治さん「五輪競技として継続が悲願」

【2006年WBC決勝、日本-キューバ】声援に応える王貞治監督(左)とイチロー=2006年3月20日、山本晋写す

 ソフトバンク球団会長を務める王貞治さん(77)は2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督として日本代表を世界の頂点に導いた。大きな重圧とも戦う国際大会。王さんは、結果にとらわれすぎず、稲葉監督を信じ、日本全体で五輪を盛り上げていくことが大切と説く。【聞き手・角田直哉】

 --20年東京五輪に向け、侍ジャパンの指揮官に、監督未経験の稲葉篤紀さん(45)が就任した。

 ◆監督経験がないっていうのは、日本ハムの栗山(英樹監督)が日本一になったり、他にもいるでしょ。だか…

この記事は有料記事です。

残り2448文字(全文2694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです