メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン歴代監督インタビュー

第5回 王貞治さん「五輪競技として継続が悲願」

【2006年WBC決勝、日本-キューバ】声援に応える王貞治監督(左)とイチロー=2006年3月20日、山本晋写す

 ソフトバンク球団会長を務める王貞治さん(77)は2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督として日本代表を世界の頂点に導いた。大きな重圧とも戦う国際大会。王さんは、結果にとらわれすぎず、稲葉監督を信じ、日本全体で五輪を盛り上げていくことが大切と説く。【聞き手・角田直哉】

 --20年東京五輪に向け、侍ジャパンの指揮官に、監督未経験の稲葉篤紀さん(45)が就任した。

 ◆監督経験がないっていうのは、日本ハムの栗山(英樹監督)が日本一になったり、他にもいるでしょ。だか…

この記事は有料記事です。

残り2448文字(全文2694文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチローが現役引退
  3. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  4. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  5. エチオピアで「日本人女性が死亡」 武装勢力が車襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです