メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらいきもの研究会

大阪府の動物愛護管理センター ふれあって殺処分減へ

窓際に特注のキャットタワーが据えられた室内飼育体験室で黒猫兄弟と遊ぶ筆者=大阪府羽曳野市のアニマルハーモニー大阪で、福家多恵子さん提供

 大阪府の動物愛護管理センター「アニマルハーモニー大阪」(羽曳野市)が8月にオープンした。動物の引き取りや狂犬病対策などを担う府内3カ所の施設を統合した。ふれあい体験などを通じたペットの適正飼育の啓発や新しい飼い主への譲渡に力を入れ、殺処分件数の減少を目指している。年末年始以外は毎日見学できると聞いて行ってきた。

 敷地面積は約9500平方メートルと広く、「動物を保護する上で一番問題だった収容スペースが今までの3倍になった」と、所長の真柳敦夫さん(58)。犬と猫を最大計200匹受け入れられる。主事の江崎隆介さん(24)も「事前申請が必要だった見学が自由にできるようになり、今は週末だと40人くらい来られます」とうれしそうに話す。

この記事は有料記事です。

残り1403文字(全文1719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです