メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新市立水族博物館

愛称は「うみがたり」 来年開業、上越市が発表 /新潟

新しい市立水族博物館の愛称「うみがたり」をお披露目した村山市長(左)と布留川社長=上越市内のホテルで

 上越市は1日、2018年に開業する「新市立水族博物館」の愛称を「うみがたり」に決めたと発表した。上越の海と83年の歴史を誇る水族博物館を後世に「語り」継ぎ、未来に新しい「ものがたり」を生み出していくとの願いを込めた。

 この日、市内のホテルで、村山秀幸市長と引き続き指定管理を請け負う横浜八景島の布留川信行社長による記者会見があり、愛称が披露された。

 市は愛称を全国から公募。集まった1468件の中から上越教育大と県立看護大の学生が絞り込み、最終的に…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです