大学発ベンチャー表彰

世界初、綿状人工骨の実用化に成功 名工大発ベンチャーに学会会長賞 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
表彰式でトロフィーを受け取る春日敏宏・名古屋工業大教授(左)=東京都江東区で
表彰式でトロフィーを受け取る春日敏宏・名古屋工業大教授(左)=東京都江東区で

 名古屋工業大発のベンチャー企業「オルソリバース」(横浜市)が「大学発ベンチャー表彰」(科学技術振興機構など主催)で日本ベンチャー学会会長賞を受賞し8月31日、東京都内で表彰式があった。同社は世界で初めて綿状の人工骨の実用化に成功し、米国で販売を始めている。「技術の独自性が高い」と評価された。

 同社は2011年6月に設立。基礎研究を続けてきた春日敏宏・名工大教授(環境セラミクス)と共同で、炭酸カルシウムにケイ素を混ぜた綿状人工骨「レボシス」…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

あわせて読みたい

注目の特集