メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

県伊都振興局など 特産の柿、PRイベント /和歌山

国際フルーツ協会代表の中野瑞樹さんも講演した柿のPRイベント=和歌山県橋本市保健福祉センターで、松野和生撮影

栽培の現状や魅力解説

 全国一の生産量を誇る橋本伊都地方特産の柿を広くPRし、産地の振興につなげるイベント「柿の魅力発信フェア」が8月29日、橋本市保健福祉センター(同市東家1)で開かれた。柿栽培に関する説明や、柿を含むフルーツ(果実)全般の食としての魅力を紹介する講演があり、地元の生活研究グループのメンバーや消費者、栽培関係者など約140人が聴き入った。

 秋を代表する地元ならではの果物について理解を深めてもらおうと、県伊都振興局などが企画。イベントでは…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです