メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

民進代表に前原氏 野党再編見通せず 枝野氏善戦、融和優先

新代表に決まり、蓮舫氏(左)、枝野幸男前幹事長(右)と手を取り合って拍手に応える前原誠司元外相=東京都港区で1日、藤井達也撮影

 民進党の前原誠司新代表(55)は1日、「政策、理念をしっかり掲げ、まずは党再生に取り組むことから始めたい」と強調した。ただ、枝野幸男前幹事長(53)の善戦は党内融和の難しさを物語っている。旧民主党代表を務めた前原氏の「再登板」に自民党では「くみしやすし」と楽観論も漂う。野党第1党の党首として前原氏の責任は重い。

 「国会議員の投票総数は142票。このうち有効投票は134票、無効票が8票」。民進党代表選で開票結果が読み上げられると、会場から軽いどよめきが起こった。

この記事は有料記事です。

残り1781文字(全文2014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです