メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメ小説・今月の推し!

壮大な叙事詩 鮮やかな引力

 小川哲(さとし)さんの『ゲームの王国』上・下巻(早川書房)は、“ゲーム”という視点を主軸におき、カンボジアの過去の内戦と未来の混乱を描いた異色作。帯に「SF」と銘打ってはいるが、ジャンルを超えて人間の営み、もくろみを理知的に、時に魔術的に語ってみせる。ゲームの観点があるといっても、「戦争や人生をゲームのように捉えている」とそしられそうな代物ではない。

 上巻はシハヌーク、ロン・ノル、ポル・ポトと支配者は変わっても虐殺が続く過酷な内戦時に生きる人びとの姿が、南米文学ならぬアジア的なマジックリアリズムの手法で物語られる。無実と知りながら罪人を作る秘密警察、理不尽に惨殺される住民、理屈ではなく独自の論理で生きている農民。魔術的な語りの中に彼らが躍動し、庶民から描く歴史小説のような面白みがある。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです