メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメ小説・今月の推し!

壮大な叙事詩 鮮やかな引力

 小川哲(さとし)さんの『ゲームの王国』上・下巻(早川書房)は、“ゲーム”という視点を主軸におき、カンボジアの過去の内戦と未来の混乱を描いた異色作。帯に「SF」と銘打ってはいるが、ジャンルを超えて人間の営み、もくろみを理知的に、時に魔術的に語ってみせる。ゲームの観点があるといっても、「戦争や人生をゲームのように捉えている」とそしられそうな代物ではない。

 上巻はシハヌーク、ロン・ノル、ポル・ポトと支配者は変わっても虐殺が続く過酷な内戦時に生きる人びとの…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文842文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです