メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第1部 沖縄への思い/3 「ひめゆり」に心寄せ

ひめゆり平和祈念資料館を訪問された天皇陛下と皇后さま=1993年4月23日、沖縄県糸満市で

 沖縄県の本島南部、糸満市には、数多くの慰霊碑がある。沖縄戦最後の激戦地で、米軍に追い詰められた県民らの集団自決も起きた。慰霊碑の一つ、「ひめゆりの塔」の近くに建つ「ひめゆり平和祈念資料館」は、学徒隊の悲劇を伝える。

 1993年4月23日、即位後初めて沖縄を訪問された天皇陛下と皇后さまは、資料館を見学した。「訪沖控え、反対集会」「過激派の衝突を警戒」。緊迫した情勢が訪問前から報道されていた。ひめゆりの塔は、両陛下が皇太子ご夫妻だった75年に活動家から火炎瓶を投げつけられた場所でもある。

 ひめゆり同窓会の事務局長として両陛下の案内役を務めた学徒隊の生存者、本村つるさん(92)は「どなた…

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1555文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです