メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

最澄と空海、競演 来月開幕、京都・国宝展 書跡2期(10月17~29日)で紹介

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     京都国立博物館の開館120周年を記念した特別展覧会「国宝」を10月3日から同博物館で開催します。

     本展は、絵画、彫刻、工芸など、さまざまな分野の国宝200件以上が京都に集結する夢の展覧会で、「書跡」の展示室では四つのテーマを設定し、多くの至宝を紹介します。2期(10月17~29日)のテーマは「最澄と空海」。遣唐使として中国にわたり、仏教の教えや文物を日本にもたらした真言宗の開祖・空海と天台宗の開祖・最澄。中国の書を基に、独自の世界観を確立した2人の書風の違いを会場でお楽しみください=写真は空海筆「聾瞽指帰(ろうこしいき)」(部分、和歌山・金剛峯寺)。

     「書跡」の他のテーマは、1期(10月3~15日)=「和歌 日本人の心」▽3期(10月31日~11月12日)=「古典籍 学びのかたち」▽4期(11月14~26日)=「三跡(さんせき)とその影響」。

     「書」に宿る先人たちの「魂」をぜひご体感ください。

     <会期>10月3日(火)~11月26日(日)※展示期間を大きく4期に分けて紹介します。月曜休館(10月9日は開館、翌10日休館)。入館は9時半~17時半(金、土曜は19時半まで)<会場>京都国立博物館(京都市東山区茶屋町)<前売り料金>一般1300円、大学生1000円、高校生700円=当日料金は各200円増し<前売り券販売場所>チケットぴあ(Pコード768-277)、ローソンチケット(Lコード52690)、毎日新聞旅行(毎日新聞大阪本社3階=平日10~18時)など、主要プレイガイド、コンビニで10月2日まで販売

     <テレホンサービス>075・525・2473<公式サイト>http://kyoto-kokuhou2017.jp/

     主催 毎日新聞社など

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
    2. 五輪カーリング 日本女子が銅 男女通じて初のメダル
    3. Features・平昌の主役たち Vol.13 スピードスケート女子団体追い抜き 高木菜那・高木美帆
    4. 五輪スケート 見たか実業団の意地 高木菜マススタート金
    5. 五輪スケート 妹の背追い 高木菜、努力と意地 最後に金

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]