メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン物流

採算性課題 離島輸送は「船の方が安い」

ゼンリンが作成した三次元地図データ(右下のモニター)を基に自動で飛行するドローン。物流手段として活用するためには課題は少なくない=福岡県北九州市門司区で2017年6月2日、高橋慶浩撮影

荷物約10キロ限界

 災害時の現場確認や建設予定地の測量など、さまざまな場面で活用されている小型無人機「ドローン」。国はドローンのさらなる産業活用を成長戦略に掲げ、早ければ来年にも離島や山間部での荷物配送を実現させたいとしており、各企業が開発に力を注ぐ。必須となるのがドローンの「自動運転システム」。開発の現状を追った。【高橋慶浩】

この記事は有料記事です。

残り1319文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです