メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳島・バス事故

居眠り運転 見方強まる 90キロで追突

マイクロバスに追突した大型トラックを調べる捜査員ら=徳島市応神町古川の県警高速隊で2017年9月1日午後0時38分、大坂和也撮影

 徳島県鳴門市大津町大幸の徳島自動車道で、大型トラックが路肩に止まっていたマイクロバスに追突し、16人が死傷した事故から1日で一週間となった。バスを運転していた岡本勉さん(30)と、乗っていた県立富岡西高1年、森下汐音(しおん)さん(15)が死亡。トラックは制限速度を超える約90キロでブレーキを踏まずに追突しているとみられることから、県警は、トラック運転手の菊池誉司容疑者(50)=自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で送検=が居眠り状態だったとの見方を強めている。悲惨な事故の再発防止策の策定が急がれる。【大坂和也】

 事故は8月25日午後5時ごろ、鳴門ジャンクション(JCT)から約400メートルの徳島道本線と高松自…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 積水ハウス被害 「地面師」数人を逮捕 偽造文書行使容疑
  5. MS共同創業者 ポール・アレン氏死去 撃沈の武蔵発見も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです