多目的トイレ

性別問わず利用「マーク」を考案 大阪大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自身で考案したトイレサインを手にするトランスジェンダーの大阪大准教授=大阪大豊中キャンパスで2017年8月25日、池田知広撮影
自身で考案したトイレサインを手にするトランスジェンダーの大阪大准教授=大阪大豊中キャンパスで2017年8月25日、池田知広撮影

 自分の性別に違和感を持つ人に多目的トイレを気兼ねなく利用してもらおうと、大阪大が性別を問わず利用できることを示す独自のマークを考案した。10月から、学内に新設する多目的トイレに順次掲げる。心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人などは、トイレの利用で悩むケースも多く、当事者の訴えが大学を動かした。

 大阪大は今年7月、性的少数者への差別の解消を進める基本方針を定めており、今回の取り組みもその一環だという。

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1432文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集