メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

奇跡のヒツジ、除草で復興貢献 福島・富岡町

整備中の太陽光発電所(奥)の近くで雑草などを食べるヒツジ=福島県富岡町で8月25日、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が今春、大半で解除された福島県富岡町で、ヒツジ3頭が「草むしり」に励んでいる。整備中の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の除草を任せられるか、働きぶりを試しているのだ。避難指示が出た地域では、使われなくなった農地を太陽光発電所に活用するケースも多い。原発事故で家畜としての役目は失ったが、新たな形で復興に貢献してくれると期待されている。

 3頭を預けた吉田和浩さん(53)は、事故当時、町から西へ一山越えた川内村で建設業を営んでいた。一時…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです