メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

土山秀夫さん92歳=長崎で被爆・元長崎大学長

土山秀夫元長崎大学長=津村豊和撮影

 長崎原爆の被爆者で、元長崎大学長の土山秀夫(つちやま・ひでお)さんが2日、多臓器不全のため亡くなった。92歳だった。葬儀は近親者のみで営む。自宅は長崎市三川町。

 1945年8月当時は長崎医科大付属医学専門部(現・長崎大医学部)3年だった。同月9日の原爆投下時は母の疎開先の佐賀にいたが、翌10日に長崎市内へ戻って入市被爆。負傷者の救護に奔走した。爆心地から350メートルの山里町で同居していた兄一家4人は全員被爆死した。

 その後、52年に長崎医科大を卒業した。専攻は病理学で、米国留学などを経て、69年から長崎大教授となり、82~86年に医学部長、88~92年には学長を務めた。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. マイナンバーカード申請書 未取得者に送付へ 普及率向上目指す

  3. 菅首相が初の国連演説へ コロナ収束に向け多国間主義の重要性訴える

  4. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです