中国

新歴史教科書の使用開始 「抗日」期間を拡大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【上海・林哲平】中国の全小中学校で1日、旧日本軍との「抗日戦争」の期間を従来の8年から14年に拡大した歴史教科書の使用が始まった。抗日の歴史は共産党一党独裁の正統性を支える重要な要素で、新解釈には10月の党大会を前にした中国共産党の権威強化の狙いがあるとみられる。

 中国メディアによると、新教科書では抗日戦争の起点を旧日本軍が中国東北部の奉天(現在の瀋陽)郊外で南満州鉄道の線路を爆破した「柳条湖事件」(1…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

あわせて読みたい

注目の特集