メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熊本地震

復興へブルーシートをバッグに再生 鳥取と協働

被災地で使われたブルーシートを使って完成したトートバッグ=鳥取県倉吉市で、李英浩撮影

 地震の被災家屋などに使われたブルーシートをトートバッグにして販売し、復興費用に充てる取り組みを熊本市の民間団体「BRIDGE KUMAMOTO(ブリッジクマモト)」が進めている。昨年4月の熊本地震で被災地を支援しようと始まり、昨年10月に最大震度6弱を観測した地震で被災した鳥取県にも広まった。名付けて「ブルーシードバッグ」。バッグを身近に置くことで災害を記憶し、復興や防災意識の種(シード)にする願いが込められている。【李英浩】

 熊本地震では、熊本県内で約19万6000棟の住宅が損壊(同県調べ)。屋根をシートが覆う光景が広がっ…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1125文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです