メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

「性的少数者配慮を」差別体験基に講演 北九州

 性的少数者(LGBTなど)への理解を深めてもらおうと、性同一性障害の宮崎猛志さん(57)=北九州市若松区=が、昨秋から講演会を続けている。高齢者介護施設で長年勤務しており、自身が差別を受けた体験を重ね合わせ「性的少数者や高齢者にも人権感覚を大切に接してほしい」と訴えている。

 8月11日に同市小倉北区の介護施設が主催した講演会。宮崎さんは金髪にスカート姿でマイクを握った。高齢者が介護職員や親族に虐待を受ける事例に触れ、自身の性同一性障害についても説明。「高齢者の介護と人権擁護は不可分。性的少数者への対応も人権への配慮が不足している。介護の現場と共通点がある」と訴えた。ミニコンサートでギターを演奏し場を和ませ「性的少数者も同じ人間」と語りかけた。

 介護施設に勤務して25年余り。8年前に地域の催しで女性歌手の歌を披露したのをきっかけに、施設などで…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです