メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東大震災

朝鮮人犠牲者を追悼 小池都知事を批判 東京

東京都の小池百合子知事=小川昌宏撮影

 東京都の小池百合子知事と墨田区の山本亨区長が追悼文の送付を今年から取りやめた「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」が1日、都立横網町公園(同区)内にある「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑」前で開かれた。

 式典は、1923年の関東大震災時に虐殺された朝鮮人犠牲者を慰霊することを目的としており、日朝協会東京都連合会など3市民団体で構成する実行委員会が主催し、毎年9月1日に実施されている。今回は遺族や関係者ら約500人が参列した。

 昨年までは都知事名で追悼文を送付してきたが、都は同園内の慰霊堂で同時間帯に開かれている関東大震災の大法要に都知事が追悼文を寄せていることを理由に、今年から送付を取りやめた。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです