メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プロ野球

試合中断「鳥の名は。」アカエリヒレアシシギ

飛び回る鳥の群れを去らせようと球場内の照明灯が消され、真っ暗になったグラウンド=仙台市のkoboパーク宮城で2017年8月30日午後9時54分、谷口拓未撮影

30日の楽天-西武戦 まるでヒチコック「鳥」状態の声

 8月30日に仙台市・Koboパーク宮城で行われたプロ野球の、楽天-西武戦で、雨による試合中断の間に鳥の群れがグラウンドへ飛来し、雨が弱まった後もさらに約40分間、試合が再開できない事態が起きた。プロ野球では「渡り鳥の襲来」による試合中断が過去に3回あるが、1976年6月4日の南海-太平洋戦(大阪球場)で8分間中断したのが最後で、極めて珍しい出来事だった。

 試合は八回表終了時に雨で試合は中断。20分ほどで雨脚が弱まり再開に向けて西武の選手たちが守備に就い…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文962文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 図解で納得 停電した時の対処法

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです