メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/51 大切なものはすぐそこにある 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

「あなたと越えたい~」

 作業開始から二時間半。母親の歌がようやく新曲に変わった。

「天城(あまぎ)いぃぃ~越ぉぉぇえ~」

 見てらんにゃあ、と親父(おやじ)は家に引きあげた。剛子(たかこ)ネエが自分で肩を揉(も)みながら訊(き)いてくる。

「そろそろ休憩するかい」

 本人が休みたいというより、嫌々ながらという言葉の見本みたいにたらたら台車をころがしている大輝(だいき)を休ませたいのだと思う。農業が嫌いにならないように。

「ああ、いいよ。休んで。俺はもう少し続けるから」

この記事は有料記事です。

残り2894文字(全文3125文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです