メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/51 大切なものはすぐそこにある 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

「あなたと越えたい~」

 作業開始から二時間半。母親の歌がようやく新曲に変わった。

「天城(あまぎ)いぃぃ~越ぉぉぇえ~」

 見てらんにゃあ、と親父(おやじ)は家に引きあげた。剛子(たかこ)ネエが自分で肩を揉(も)みながら訊(き)いてくる。

「そろそろ休憩するかい」

 本人が休みたいというより、嫌々ながらという言葉の見本みたいにたらたら台車をころがしている大輝(だいき)を休ませたいのだと思う。農業が嫌いにならないように。

「ああ、いいよ。休んで。俺はもう少し続けるから」

この記事は有料記事です。

残り2894文字(全文3125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです