メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

共立女子高等学校地理歴史部が「第9回全国高校鉄道模型コンテスト モジュール部門」で文部科学大臣賞を受賞 -- 2年ぶり2度目の受賞、国際大会に招待(Digital PR Platform)

情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について



大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。

共立女子高等学校(東京都千代田区)の地理歴史部は、8月5日・6日に開催された「第9回全国高校鉄道模型コンテスト」に7年連続で出場。モジュール部門で文部科学大臣賞を受賞した。平成27年にもモジュール部門で文部科学大臣賞に選ばれており、2年ぶり2度目の受賞となる。今回の受賞作「深秋」は、11月にアメリカ(ウィスコンシン州ミルウォーキー市)で開催する鉄道ジオラマの国際大会「トレインフェスト2017」に招待される。


 「全国高校鉄道模型コンテスト」は、全国の高校生による鉄道模型のレイアウトの制作活動において、自然、産業、工学などの各分野への興味を啓発すると共に、想像力豊かな発想による作品発表と相互交流により、豊かで潤いのある生活文化の伸展に寄与することを目的に開催されている。

 共立女子高等学校地理歴史部は、Nゲージの鉄道ジオラマを制作する「モジュール部門」に出品。部員たちは前年度までの実績を踏まえて、平成28年9月から作品の構想を開始。秋の温泉街をテーマに選んだ。群馬県の伊香保温泉や神奈川県の箱根の登山鉄道、東京都の奥多摩の白丸ダムなどをモチーフとして作品を制作することにし、実際に現地に足を運んでフィールドワークも実施。約1年をかけて制作に取り組み、部員10人で作品「深秋」を完成させた。

 部員たちは受賞時のインタビューで「まさか1位の最優秀賞が取れるとは思っていませんでした。アメリカでの大会でもしっかりプレゼン出来るように準備していきたいと思います」と喜びを表し、抱負を語った。今後はアメリカで行われる国際大会への出展に向けて、細かい部分の手入れや英語でのプレゼンテーションなどを準備していく。

◆第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト Nゲージモジュール部門 概要
【会 期】 2017年8月5日(土)~6日(日)
【主 催】 一般社団法人鉄道模型コンテスト、全国高等学校鉄道模型コンテスト実行委員会
【会 場】 東京国際展示場(東京ビッグサイト) 西3ホール

●鉄道模型コンテスト2017 ホームページ
 https://www.moraco.jp/
●鉄道模型コンテスト2017 モジュール部門 文部科学大臣賞 共立女子中学高等学校(動画)
 https://www.youtube.com/watch?v=owKch6BbW-k&feature=share
●共立女子高等学校 地理歴史部
 https://www.kyoritsu-wu.ac.jp/chukou/club/geography/

▼本件に関する問い合わせ先
 共立女子中学高等学校
 TEL: 03-3237-2744
 E-mail: hachi-chukou@kyoritsu-wu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/




情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. わこ盲導犬贈呈プロジェクト 30頭で活動に終止符 視覚障害者支援は継続 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです