メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転実験

試乗の住民ら好評価 栃木・道の駅で開始式 きょうから実施 /栃木

自動運転実験で使用する電気自動車に試乗する地元住民=栃木市西方町の道の駅にしかたで

 国土交通省が2020年までの実用化を目指す自動運転サービスの実証実験開始式が2日、栃木市西方町の「道の駅にしかた」で行われた。実験は全国13カ所で予定されており、栃木市は最初の実験地に選ばれた。この日試乗した地元住民の反応は好評。3日から運転手のいない自動運転車両で人や物を運ぶ実験をスタートさせる。【野口麗子】

 自動運転サービスは、中山間地域の高齢者ら交通弱者の移動手段や物流手段の確保を目的としている。この日の開始式では、石井啓一国土交通相が「地方では高齢化の進行により人流、物流の確保が喫緊の課題。各地での実験を通じ、自動運転の技術的な検証はもちろん、地域の特性に応じた多様なビジネスモデルの検討を進めていきたい」とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです