東日本大震災

福島第1原発事故 「国、東電 責任明確に」 訴訟判決前に集会 千葉 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故後に福島県から千葉県に避難した18世帯45人が国と東電に約22億円の賠償を求めた訴訟の判決を22日に控え、原告・弁護団の決起集会が2日、千葉市中央区の県弁護士会館であった。原告は「国と東電の責任を明確にし、賠償を命じる勇気ある判決を言い渡してほしい」と訴えた。

 「千葉県原発訴訟原告と家族の会」の会長で、福島県富岡町に自宅がある遠藤行…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

あわせて読みたい

注目の特集