メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

千葉・香取 佐原の街並み 江戸の商店街、営業中 水郷実感「ジャージャー橋」 /東京

かつて正文堂という店名の書店が入っていた土蔵造りの建物(手前)は現在、和菓子店として利用されている=千葉県香取市佐原イで

 千葉県香取市佐原は江戸時代から利根川の水運を生かした街づくりで栄えた。実測で日本地図を初めて完成させた伊能忠敬(1745~1818年)が約30年暮らした家もある。昨年末には、関東三大山車祭りの一つとされる「佐原の大祭」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。残暑の中、江戸の趣が残る「水郷のまち」を歩いてみた。【岩嶋悟】

 JR佐原駅から南東へ約10分。利根川の支流、小野川沿いに瓦屋根の古い建物が並ぶ一角がある。江戸から…

この記事は有料記事です。

残り1631文字(全文1853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです