メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界遺産

「神宿る島」地域の宝が世界の宝に 登録祝う式典 宗像 /福岡

 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(宗像市、福津市)の世界遺産登録を祝う式典と記念イベントが2日、宗像市久原の宗像ユリックスで開かれ、市民ら約500人が喜びを分かち合った。

 県や宗像市、福津市などでつくる世界遺産推進会議の主催。式では服部誠太郎副知事が「世界の宝を、誇りと責任を持って次世代に伝えていきたい」と決意を述べた。谷井博美宗像市長や地元でボランティアガイドをする代表2人が、登録後に…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです