メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界遺産

「神宿る島」地域の宝が世界の宝に 登録祝う式典 宗像 /福岡

 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(宗像市、福津市)の世界遺産登録を祝う式典と記念イベントが2日、宗像市久原の宗像ユリックスで開かれ、市民ら約500人が喜びを分かち合った。

 県や宗像市、福津市などでつくる世界遺産推進会議の主催。式では服部誠太郎副知事が「世界の宝を、誇りと責任を持って次世代に伝えていきたい」と決意を述べた。谷井博美宗像市長や地元でボランティアガイドをする代表2人が、登録後に…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  3. 小比類巻かほる 「Anison Days」で「シティーハンター」OP披露 「ルパン三世」も
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 富山の教諭 部活指導で過労死認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]