民進党

幹事長に山尾氏検討 前原代表、刷新演出狙う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山尾志桜里元政調会長=小川昌宏撮影
山尾志桜里元政調会長=小川昌宏撮影

 民進党の前原誠司代表は2日、幹事長に山尾志桜里元政調会長を起用する検討を始めた。若手の起用で党風の刷新を印象付ける狙いがあるとみられる。また、前原氏は2日の読売テレビの番組で、代表選で戦った枝野幸男元幹事長について「どういう立場かは全く白紙だが、中心の一翼を担ってほしい」と述べ、要職起用の考えを改めて示した。

 前原氏はテレビ出演後、5日にも開く両院議員総会で「骨格の人事の承認を得たい」と記者団に述べた。「骨格」の役職には幹事長、政調会長、国対委員長、選対委員長、組織委員長、代表代行を挙げ、枝野氏をいずれかに起用すると示唆した。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文548文字)

あわせて読みたい

注目の特集