メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

1兆1763億円 アマゾンの国内売上高 成長市場で「巨人」攻勢

国内の個人向けEC市場とアマゾンの国内売上高の推移

 インターネットを使ってモノやサービスを売買する電子商取引(EC)が急成長している。ECの巨人といわれる米アマゾン・コムは「世界の小売業ランキング2017」(デロイトトーマツ調べ)で初のトップ10入り。16年の日本での売上高は約1・2兆円と、初めて1兆円を突破した。15兆円に達した国内の個人向けEC市場の1割近くを、アマゾンが占めている。

 アマゾンは圧倒的な品ぞろえと低価格、スピード配送を武器に世界中で売り上げを伸ばし、16年の連結売上高は前年比1・3倍の1359億8700万ドル(16年の平均為替レート108・95円で換算すると約14兆8000億円)に上る。国別にみると米国が7割近くを占め、ドイツ、日本、英国と続く。

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです