メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『世界からバナナがなくなるまえに 食糧危機に立ち向かう科学者たち』=ロブ・ダン著

 (青土社・3024円)

多面的視点で作物保護考える

 原題は「旬も考えずに、欲しい時に欲しいものを食べる今の暮らしをしていたら、食糧の供給は危なくなり、私たちの未来は危うい」だ。

 今私たちは、一見豊かな食生活を楽しんでいる。太平洋戦争の末期から敗戦後の食糧難を知っている者には夢のようである。

 けれどもこれは本当に夢なのか。私たちは賢い農業を行ない、賢い食べ方をしているかと本書は問う。機械化し、化学肥料、殺虫剤、除草剤を用いて資本を集中し、遺伝的に均質で多様性のない作物を大規模栽培する農業は危機にあると著者は言う。

 このような警告は目新しいものではないが、本書の特徴は、バナナ、ジャガイモ、キャッサバ、カカオ、コム…

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文2026文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. スポットライト 小池徹平さん 自由のために戦う
  3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
  4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  5. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]