メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『世界からバナナがなくなるまえに 食糧危機に立ち向かう科学者たち』=ロブ・ダン著

 (青土社・3024円)

多面的視点で作物保護考える

 原題は「旬も考えずに、欲しい時に欲しいものを食べる今の暮らしをしていたら、食糧の供給は危なくなり、私たちの未来は危うい」だ。

 今私たちは、一見豊かな食生活を楽しんでいる。太平洋戦争の末期から敗戦後の食糧難を知っている者には夢のようである。

 けれどもこれは本当に夢なのか。私たちは賢い農業を行ない、賢い食べ方をしているかと本書は問う。機械化し、化学肥料、殺虫剤、除草剤を用いて資本を集中し、遺伝的に均質で多様性のない作物を大規模栽培する農業は危機にあると著者は言う。

 このような警告は目新しいものではないが、本書の特徴は、バナナ、ジャガイモ、キャッサバ、カカオ、コムギ、ゴムノキという重要作物の危機を具体的に語り、とくに科学との関わりを歴史を踏まえて解説していることである。作物の種子の収集、野生の自然の必要性、作物と病原体や害虫との関係の研究、更には今私たち市民ができることなど多面的で総合的な視点が示されている。

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文2026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです