メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『旧アメリカ兵捕虜との和解-もうひとつの日米戦史』 著者・徳留絹枝さん

 ◆徳留絹枝(とくどめ・きぬえ)さん

 (彩流社・3240円)

国と企業変えた18年の記録

 戦後70年の2015年7月、三菱マテリアルが第二次大戦中に日本軍の捕虜になったアメリカ人に強制労働させたことを日本企業として初めて謝罪し、世界的なニュースになった。

 10年9月には、当初、外務省事業の対象外だった元アメリカ兵捕虜の招請が初めて実現し、岡田克也外相が政府を代表して謝罪した。

 和解と正義の活動の陰には、常に著者の姿があった。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです