メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『天皇の戦争宝庫-知られざる皇居の靖国「御府」』=井上亮・著

 (ちくま新書・864円)

今も眠り続ける秘蔵の府

 とうとう出た、出てしまった、という歴史書である。吹上新御所に参内したことがある。夜だった。宮内庁舎前から新御所まで、宮中三殿の脇を侍従職の車で通ったが、闇の中なので、どれが先帝の生物学御研究所だとか、さっぱりわからなかった。帰ってから、グーグルの航空写真と地図で確認したが、さらにわからない。思いあまって神社本庁の偉い方におききした。その時の困った顔をはっきり憶(おぼ)えている。「実は吹上(皇居内)には大日本帝国の戦利品などを収めていた建物がいっぱいありまして」。明らかに苦しい表情。触れてくれるな、という感じであった。このとき私は、封印されてきた「御府(ぎょふ)」の存在を知ってしまった。

 たしかに、振天(しんてん)府(日清戦争)・懐遠(かいえん)府(義和団の乱)・建安(けんあん)府(日…

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1510文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]