メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

「がん離職」ちょっと待って=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

千葉県がん情報「ちばがんなび」より

 「自分はがんのことを周囲に伝えて仕事をしていたのに、がんのことを伏せて働いていた同僚が急変したのを理由に、会社から『辞めてほしい』と言われたんです。お世話になっていたからこそもめたくない、上司もつらいんだと思い、その日のうちに退職願を出して帰ってきました」

 2010年にお会いした50代の女性患者さんの言葉です。退職したものの「社会の中で自分の居場所はもうないのか」「子供の進学は諦めるしかないのか」と考えるうちに、いてもたってもいられなくなって相談に来たということでした。

 一度提出した退職願は、社会保険労務士等の専門職に相談するも撤回することはできず、患者さんにかける言…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文977文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです