水泳

日本学生選手権 大橋が連覇 女子200メドレー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 水泳の日本学生選手権は第2日の2日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームなどで行われ、競泳女子200メートル個人メドレーは7月の世界選手権銀メダルの大橋悠依(ゆい)=東洋大=が2分10秒33で2連覇した。

 男子100メートルバタフライは幌村尚(早大)が52秒03で初優勝した。女子200メートル自由形は五十嵐千尋(日体大)が1分59秒48で2年ぶり3度目の優勝を飾った。飛び込みの女子高飛び込みは榎本遼香(筑波大)が313・95点で制した。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文621文字)

あわせて読みたい

注目の特集