メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

ショートトラック全日本距離別 菊池悠が初V 女子500

女子500メートル決勝で優勝した菊池悠希(左)=長野県南牧村の帝産アイススケートトレーニングセンターで2017年9月2日、宮間俊樹撮影

 来年2月の平昌五輪代表選考会を兼ねるスピードスケート・ショートトラックの全日本距離別選手権は2日、長野県帝産アイススケートトレーニングセンターで男女500メートルが行われた。男子は2014年ソチ五輪代表の坂爪亮介(タカショー)が41秒925で4年ぶり2回目の優勝を果たした。前日の1500メートルを制した18歳の吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)は3位だった。

 女子は菊池悠希(ANA)が43秒848で初優勝した。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  4. コシヒカリ4トン窃盗容疑で兄弟逮捕「数え切れないくらい盗んだ」 石川県警

  5. 国民「夫婦別姓やじは自民・杉田水脈議員」 玉木氏が指摘、本人否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです