メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

ショートトラック全日本距離別 菊池悠が初V 女子500

女子500メートル決勝で優勝した菊池悠希(左)=長野県南牧村の帝産アイススケートトレーニングセンターで2017年9月2日、宮間俊樹撮影

 来年2月の平昌五輪代表選考会を兼ねるスピードスケート・ショートトラックの全日本距離別選手権は2日、長野県帝産アイススケートトレーニングセンターで男女500メートルが行われた。男子は2014年ソチ五輪代表の坂爪亮介(タカショー)が41秒925で4年ぶり2回目の優勝を果たした。前日の1500メートルを制した18歳の吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)は3位だった。

 女子は菊池悠希(ANA)が43秒848で初優勝した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元島民ら丸山議員に反発「国会議員の態度じゃない」 コップで机をバンバン
  3. ミスド元アルバイト男性が不適切動画 食材触れる
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害事件 死刑確定 被告が控訴取り下げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです