メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6度目のW杯へ

サッカー日本代表/中 チャンス与え好循環

 異例の光景だった。ワールドカップ(W杯)予選でオーストラリアを破りロシア大会出場を決めた翌日の1日。ストレッチでゆっくりと激戦の疲れをいやす21歳の井手口(ガ大阪)、22歳の浅野(シュツットガルト)らの視線の先に、出番のなかった控え組によるミニゲームで本田(パチューカ)、香川(ドルトムント)が懸命に汗を流していた。

 「その時点で私がベストと思う選手を使う」「若手を信頼して使うべきだ」。ハリルホジッチ監督の哲学は、…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです