メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第1部 沖縄への思い/4 琉歌に平和の願い

「国立劇場おきなわ」で開場記念公演を鑑賞される天皇、皇后両陛下=沖縄県浦添市2004年1月23日(代表撮影)

 沖縄県浦添市にある「国立劇場おきなわ」の前に、天皇陛下が詠まれた伝統の歌曲「琉歌(りゅうか)」を刻む碑が建つ。

 <国立劇場沖縄に開き執心鐘入(しゅうしんかねいり)見ちやるうれしや>

 同劇場は伝統芸能の拠点として2004年に開場した。天皇、皇后両陛下は同年1月23日、開場を記念して上演された歌舞劇の組踊(くみおどり)「執心鐘入」の鑑賞のため沖縄を訪問された。

 その前の03年12月、70歳の誕生日の記者会見で陛下は「文化財が戦争でほとんど無くなった沖縄県に組…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1409文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]