メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第1部 沖縄への思い/4 琉歌に平和の願い

「国立劇場おきなわ」で開場記念公演を鑑賞される天皇、皇后両陛下=沖縄県浦添市2004年1月23日(代表撮影)

 沖縄県浦添市にある「国立劇場おきなわ」の前に、天皇陛下が詠まれた伝統の歌曲「琉歌(りゅうか)」を刻む碑が建つ。

 <国立劇場沖縄に開き執心鐘入(しゅうしんかねいり)見ちやるうれしや>

 同劇場は伝統芸能の拠点として2004年に開場した。天皇、皇后両陛下は同年1月23日、開場を記念して上演された歌舞劇の組踊(くみおどり)「執心鐘入」の鑑賞のため沖縄を訪問された。

 その前の03年12月、70歳の誕生日の記者会見で陛下は「文化財が戦争でほとんど無くなった沖縄県に組…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1409文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです