川口市教委

SNSで「死ね」 中3不登校でいじめ調査委

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 埼玉県川口市内の市立中学校に通う中学3年の男子生徒(14)が、サッカー部で1年時からいじめを受けて不登校になり、今年2月に同市教委が同市で初となる「いじめ問題調査委員会(第三者委)」を設置していたことがわかった。生徒の母親(49)が学校や市教委に相談したものの、当初「いじめの重大事態」と認めず、設置が遅れた。報告書は今月以降にまとめる方向という。

 母親によると、生徒は中学入学直後にサッカー部で、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のグループから外されたほか、「死ね」などと書き込まれた。練習中に後ろからえり首をつかまれて倒されたり、部の顧問から頭をたたかれたりしたという。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文685文字)

あわせて読みたい

ニュース特集