メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

O157

遺伝子型、11都県で一致

 食中毒の患者から検出された病原性大腸菌O157の遺伝子型が広域で一致した問題で、同じ遺伝子型が確認されたのは2日現在で、関東を中心に計11都県に上ることが厚生労働省への取材で分かった。同省は、患者への聞き取り調査を実施するよう自治体に通知を出し、感染源の特定や感染の広がりの把握を急いでいる。

     厚労省によると、遺伝子型が一致した患者が確認されたのは、総菜店のポテトサラダを食べた客がO157に感染した群馬、埼玉両県のほか、東京▽神奈川▽千葉▽栃木▽新潟▽長野▽三重▽滋賀▽香川の計11都県。

     群馬、埼玉両県と同じタイプのO157の遺伝子について、国立感染症研究所が8月14~20日の1週間分(144件)を調べたところ、大半の患者で型が一致。一致した患者の多くが関東地方で確認され、信越や西日本の5県の患者数はそれほど多くはないという。

     広域で同じ遺伝子型が確認された理由として、汚染源の食物などが広域に流通した可能性のほか、旅行や出張中に感染や発症したケースもあり得る。同省は自治体を通じて発症1週間以内の食事に加え、旅行の有無など患者の詳細な行動の確認を進めている。【桐野耕一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 外国人技能実習 来日費用100万円、足かせ 滞る返済
    2. ORICON NEWS 『2017ブレイク女優ランキング』吉岡里帆が首位 “怪演”から“泣きの演技”までこなす演技力に支持
    3. NHK 特番で安室さん「デビューあれば絶対引退が来る」
    4. 三菱マテリアル 子会社が素材製品の検査データ改ざん
    5. 雨のち晴れ バブル崩壊で金策苦慮 山一証券会長・立川正人さん

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]