メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

学者集結でスナック文化論 谷口功一・首都大学東京教授

「日本の夜の公共圏」を出版した谷口功一・首都大教授=滝野隆浩撮影

 経営者の「ママ」が1人でいて、酒のボトルを「キープ」して、会話に飽きれば「カラオケ」を--。これって日本独自の文化じゃないの、ということで、論壇で活躍する気鋭の学者たちが集結。「日本の夜の公共圏 スナック研究序説」(白水社)を出版した。研究会代表の谷口功一・首都大学東京教授(44)は「イギリスのパブとも違い、年齢も職業も社会的地位も飛び…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]