メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

是枝裕和 法廷の裏側、リアルに 「三度目の殺人」でベネチア国際映画祭参加

是枝裕和監督=木村光則撮影

 8月30日にイタリアで開幕した第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に、日本から選ばれた作品が「三度目の殺人」。是枝裕和監督にとっては、デビュー作の「幻の光」で1995年に選出されて以来のベネチア。「ゆったりとした時間が流れている。とても楽しみ」と同映画祭の魅力を語る。

 「三度目の殺人」は弁護士の重盛(福山雅治)が、殺人罪で起訴された三隅(役所広司)の弁護を担当するうち、裁判で真実を追求することの難しさに直面していく物語。家族を描いてきた是枝にとって異色の題材だが、「『そして父になる』(2013年)を監督した時に話を伺った弁護士さんが『法廷は真実を明らかにする場所ではなく、利害の調整をする場所なんですよ』と言ったのを『面白いな』と思ったのが始まり」と明かす。

 法廷や接見室のシーンが数多く描かれるのだが、とてもリアルに造形されている。「裁判を傍聴したり、弁護…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです