メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
演劇

加藤健一事務所「喝采」 実力派そろい好舞台=評・濱田元子

 酒浸りで落ちぶれたかつての名優の再起を描く、バックステージもの。演劇作品を作り上げていく過程を軸に、夫婦の有り様が巧みにより合わされ、深いドラマを奏でる。実力派キャストが、セリフ劇の醍醐味(だいごみ)を味わわせてくれる好舞台。クリフォード・オデッツ作、小田島恒志・小田島則子訳、松本祐子演出。

 初日を間近にして舞台の主演俳優がいなくなり、演出家のバーニー(山路和弘)はプロデューサーのクック(大和田伸也)の懸念をよそに、フランク(加藤健一)の起用を主張する。冒頭、フランクの実力を見せようとするバーニー…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです