メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
演劇

加藤健一事務所「喝采」 実力派そろい好舞台=評・濱田元子

 酒浸りで落ちぶれたかつての名優の再起を描く、バックステージもの。演劇作品を作り上げていく過程を軸に、夫婦の有り様が巧みにより合わされ、深いドラマを奏でる。実力派キャストが、セリフ劇の醍醐味(だいごみ)を味わわせてくれる好舞台。クリフォード・オデッツ作、小田島恒志・小田島則子訳、松本祐子演出。

 初日を間近にして舞台の主演俳優がいなくなり、演出家のバーニー(山路和弘)はプロデューサーのクック(大和田伸也)の懸念をよそに、フランク(加藤健一)の起用を主張する。冒頭、フランクの実力を見せようとするバーニー…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです