演劇

加藤健一事務所「喝采」 実力派そろい好舞台=評・濱田元子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 酒浸りで落ちぶれたかつての名優の再起を描く、バックステージもの。演劇作品を作り上げていく過程を軸に、夫婦の有り様が巧みにより合わされ、深いドラマを奏でる。実力派キャストが、セリフ劇の醍醐味(だいごみ)を味わわせてくれる好舞台。クリフォード・オデッツ作、小田島恒志・小田島則子訳、松本祐子演出。

 初日を間近にして舞台の主演俳優がいなくなり、演出家のバーニー(山路和弘)はプロデューサーのクック(大和田伸也)の懸念をよそに、フランク(加藤健一)の起用を主張する。冒頭、フランクの実力を見せようとするバーニー…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

あわせて読みたい

注目の特集