メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンクが2年連続で日本シリーズ進出 プロ野球CS
刊行

『広辞苑』編者、新村出の実像 孫が伝記、仕事・人脈の幅広さ描く

新村出=1953年撮影

 『広辞苑』の編者として著名な国語学者、新村出(いづる)の孫でフリーエディターの恭(やすし)さん(70)が、著書『広辞苑はなぜ生まれたか--新村出の生きた軌跡』(世界思想社)を刊行した。「新村出の生涯」と題する章が全体の3分の2を占める本で、これが新村の初めての伝記だという。「どんな人物で、何をしていたのかを知ってもらいたいというのが執筆の動機です」と恭さんは話す。

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. ひき逃げ 容疑で26歳男を逮捕 男性重体 沼田 /群馬
  4. 検証 記者死亡、サウジ総領事館で何が 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末
  5. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです