メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刊行

『広辞苑』編者、新村出の実像 孫が伝記、仕事・人脈の幅広さ描く

新村出=1953年撮影

 『広辞苑』の編者として著名な国語学者、新村出(いづる)の孫でフリーエディターの恭(やすし)さん(70)が、著書『広辞苑はなぜ生まれたか--新村出の生きた軌跡』(世界思想社)を刊行した。「新村出の生涯」と題する章が全体の3分の2を占める本で、これが新村の初めての伝記だという。「どんな人物で、何をしていたのかを知ってもらいたいというのが執筆の動機です」と恭さんは話す。

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  2. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  3. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  4. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  5. キャンベルさん 同性愛公表 自民議員発言に「危惧」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです