メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックマーク

囲碁界も多士済々=大橋拓文(囲碁棋士)

 お隣の将棋界が、藤井聡太四段(15)の29連勝で大フィーバーしたことは記憶に新しいですね。その藤井四段がデビュー戦で当たったのは、「神武以来の天才」と謳(うた)われた加藤一二三九段(77)。その後引退されましたが、テレビのバラエティー番組などで大活躍しておられます。

 さて囲碁界ではどうでしょうか。将棋界ほど一般的に知られているとは言えませんが、実はキャラクターが豊富です。プロになって3年足らず、17歳で竜星を獲得したのが芝野虎丸七段。この優勝で三段から七段へ一気に飛び級しました。芝野虎丸竜星となると名前がとてもカッコいいですね。しかし、実は囲碁界にドラゴンはたくさんいまして、芝野七段の兄は芝野龍之介初段(19)。この兄弟、とても仲が良いのが「はた目から」ではなく、「…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです