メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックマーク

囲碁界も多士済々=大橋拓文(囲碁棋士)

 お隣の将棋界が、藤井聡太四段(15)の29連勝で大フィーバーしたことは記憶に新しいですね。その藤井四段がデビュー戦で当たったのは、「神武以来の天才」と謳(うた)われた加藤一二三九段(77)。その後引退されましたが、テレビのバラエティー番組などで大活躍しておられます。

 さて囲碁界ではどうでしょうか。将棋界ほど一般的に知られているとは言えませんが、実はキャラクターが豊富です。プロになって3年足らず、17歳で竜星を獲得したのが芝野虎丸七段。この優勝で三段から七段へ一気に飛び級しました。芝野虎丸竜星となると名前がとてもカッコいいですね。しかし、実は囲碁界にドラゴンはたくさんいまして、芝野七段の兄は芝野龍之介初段(19)。この兄弟、とても仲が良いのが「はた目から」ではなく、「…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです