メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 福島で感謝の「おおきに」 富岡出身、ラーメン店開く 避難先の京都で世話に

手際よく京都風ラーメンを作る松本仁枝さん=福島県いわき市で2017年8月23日、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故後、約4年間、京都市で避難生活を送った松本仁枝さん(46)が、福島県いわき市で京都風ラーメンを出す店を構え、ファンを増やしている。シングルマザーの自分を支えてくれた京都の人たちへの感謝を一杯に込める。車で50分ほど離れた富岡町の自宅は「帰還困難区域」のままで帰郷はかなわないものの、持ち前のたくましさで一歩ずつ道を切り開いている。【岸慶太】

 「おおきに」。ちょっぴりぎこちない関西弁で客を店から送り出す。JRいわき駅前に店を構え1年9カ月。…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文882文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです