メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 福島で感謝の「おおきに」 富岡出身、ラーメン店開く 避難先の京都で世話に

手際よく京都風ラーメンを作る松本仁枝さん=福島県いわき市で2017年8月23日、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故後、約4年間、京都市で避難生活を送った松本仁枝さん(46)が、福島県いわき市で京都風ラーメンを出す店を構え、ファンを増やしている。シングルマザーの自分を支えてくれた京都の人たちへの感謝を一杯に込める。車で50分ほど離れた富岡町の自宅は「帰還困難区域」のままで帰郷はかなわないものの、持ち前のたくましさで一歩ずつ道を切り開いている。【岸慶太】

 「おおきに」。ちょっぴりぎこちない関西弁で客を店から送り出す。JRいわき駅前に店を構え1年9カ月。…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  4. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです