松戸市

高齢者見守るシール 県内初導入 スマホかざし情報共有 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
松戸市が配布しているシール。二次元コードにスマートフォンをかざすと高齢者の基本情報が表示される
松戸市が配布しているシール。二次元コードにスマートフォンをかざすと高齢者の基本情報が表示される

 松戸市が、認知症による徘徊(はいかい)などで行方不明になった高齢者の早期保護をサポートするシステムを導入した。医薬品卸売「東邦ホールディングス」の子会社「みらい町内会」(東京)が開発した認知症高齢者保護情報共有サービス「どこシル伝言板」。二次元コードとスマートフォンを活用したもので、導入する自治体が増えつつあるが、県内では松戸市が初という。

 徘徊の恐れのある高齢者がいる家族や介護者は市に利用申請の上、身体的特徴や既往症などを登録。この情報を読み取れる二次元コードが印字されたシールを高齢者の衣服や所持品に張り、行方不明になったらインターネット上の伝言板にアクセスし、行方不明日時・場所などを入力する。発見した人が二次元コードにスマートフォンなどをかざすと伝言板が表示され、家族らと連絡が取り合える仕組みだ。その際、本人や家族の個人情報が発…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文720文字)

あわせて読みたい

注目の特集