メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハン六文化振興財団

文化賞に大津祭曳山連盟 11団体を表彰 /滋賀

松室六兵衛理事長から賞状などを贈られる大津祭曳山連盟の元田栄三理事長(手前右)=大津市の琵琶湖ホテルで、濱弘明撮影

 文化や教育、スポーツなどの分野で優れた業績を上げている県内の個人や団体を顕彰する「ハン六文化振興財団」(事務局・大津市浜大津1、松室六兵衛理事長)の第31回贈賞式が3日、大津市の琵琶湖ホテルで開かれた。最高賞の「文化賞」に輝いた「大津祭曳山(ひきやま)連盟」など11団体が表彰を受けた。

 江戸幕府成立前後の慶長年間に起源をもつ大津祭は、各曳山町で構成する「大津祭曳山責任者会」で引き継がれてきた。大津祭曳山連盟は時代が変化しても祭りを将来にわたって継続できるように…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 九州南部各地で土砂崩れ、川氾濫 10市町村が7万6600人に避難指示

  3. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  4. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです