メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心肺蘇生

宮津のソフトボール大会で倒れた72歳を67歳が シニアは救命講習を 万が一直面、高確率 /京都

 宮津市の市民グラウンドで7月8日にあったシニアソフトボールの大会で、一人の高齢者の命が救われた。試合前の練習中に福知山市の男性(72)が倒れて心肺停止の状態になったが、救命講習の受講者が心肺蘇生を続けたことで息を吹き返し、後遺症もなく退院できた。手助けした人たちは「シニアは万が一の現場に直面する確率が高い。ぜひ救命講習を受けよう」と話している。【安部拓輝】

 午前10時前。シニアソフトの府予選決勝が始まろうとしていた。「京都クラブ65」の林善悟さん(67)…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです