メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街かど・撮っておき

宝塚大橋から見える風景 「生」を思う場所 /兵庫

宝塚大橋からは阪急今津線と宝塚大劇場(右手奥)が見える。武庫川の中州には「生」の字(左下)も=兵庫県宝塚市の宝塚大橋で、山本愛撮影

 宝塚市の阪急宝塚南口駅で下車して北へ向かうと、武庫川に架かる宝塚大橋が見える。全長159メートル、幅22メートル。広い歩道には四季折々の花壇、ベンチ、彫刻などがある。庭園のような趣から「ガーデンブリッジ」と呼ばれる。

 ここから見やれば、オレンジ色の屋根が特徴的な宝塚大劇場が目に入る。小豆色の阪急今津線が劇場をバックにゆっくりと往来する。メルヘンチックなたたずまいの中を宝塚音楽学校生も歩く。未来の「タカラジェンヌ」とすれ違うかもしれない、「ファンにはたまらない」(市の担当者)場所…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです