メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福山城

「築切」の一部再現へ 築城400年記念事業、公園整備も 駅前再開発、活性化に期待 /広島

2014年3月、試掘調査で見つかった福山城の築切とみられる遺構=広島県福山市伏見町で、稲生陽撮影

 福山市のシンボル、福山城(丸之内1)の築城400年に向け、枝広直幹市長は、城の江戸期の石垣遺構を一部再現し、活用を図る意向を示している。将来的には遺構を中心とした公園を整備し、JR福山駅前の再開発や築城400年記念事業の目玉に据えたい考えだ。【真下信幸】

 再現が検討されているのは、福山城の外堀と瀬戸内海につながる運河「入川(いりかわ)」を隔てるために築かれた堰(せき)「築切(つっきり)」の一部。同市伏見町の民有地再開発に伴う試掘調査で2014年に確認された。現存する築切は全国的にも珍しいという。

 福山城は1622年築城。当初は、瀬戸内海と外堀が入川で結ばれ、海から船で城内に出入りできる「海城」…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです