メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 社会/ストーリー/くらしナビ

[PR]

 ◆社会

震災6年半~つながりたい 8日・金曜日から 社会面

 東日本大震災から11日で6年半がたちますが、人々の間には分断、温度差、思惑の違いなどさまざまな心の溝が生じています。「震災いじめ」など理不尽な被災者への差別。支援をめぐるあつれき。中央との思惑の違い。放射能汚染をめぐる風評被害--。離ればなれになり、わかり合えず、時に対立する人々は、手をたずさえ、つながりを取り戻すことができるのでしょうか。

 ◆ストーリー

弁護士会長は韓国人・白さん 10日・日曜日 1面、ストーリー面

 今年度の兵庫県弁護士会長を務める白承豪さん(55)は韓国生まれの韓国籍。日本初の外国籍弁護士会長です。幼いころに交通事故で右腕を失い、小学生の時に家族で沖縄へ移住。言葉のハンディと片腕のコンプレックスに苦しみながら、持ち前の負けん気と努力で幾多の困難を乗り越えてきました。「日韓の懸け橋」を自任する白さんの波乱の半生に迫ります。

 ◆くらしナビ

カープ丸選手「親ありて」 6日・水曜日 くらしナビ面

 プロ野球セ・リーグで首位を走る広島カープ。その不動の3番打者が丸佳浩選手(28)です。母の利栄さん(51)によると、幼いころから、人並み外れたやんちゃぶりを発揮したといいます。父浩二さん(54)の教育方針は「ウソをつくな」「弱い者いじめをするな」「時間を守れ」。おおらかな両親と自然豊かな古里の千葉県勝浦市が丸選手を育みました。


 掲載日や内容は変更することがあります。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです